Kauaʻi Mokihana Festival 2022

とっても素敵なイベントに参加させていただきました。
ハワイ本校のダンサーとして、カウアイ島で行われた本戦に出場したのは2008年。
なんだかいろいろと想い出しちゃった…
感傷的になり過ぎたというわけでもないのですが、想定外のトラブルがあり、心ここに在らずでオンステージとなりました。(先生のみ)
それでも曲が始まってしまえばクムの優しい声に包まれて遠いハワイにひとっ飛び。
途中、周りの生徒さんの楽しそうな表情も見えたりして、幸せな4分半でした。

幼馴染がフラの先生になっていて会場で再会したり、初めましての先生とお話したり。
出番待ちの私たちに「頑張ってくださいね!」
ステージを降りた私たちに「とっても素敵でしたよ!!」
そんな嬉しいお言葉をかけてくださる方がたくさんいらっしゃいました。
客席ではかつての姉妹校の生徒さんが偶然ご覧になっていて感想を寄せてくださったり。
つくづく、フラを通した繋がりって本当に心地よいものですよね。

最後に、私の、そしてクムのLoveliesのお写真を。
もちろんビューティー加工済みです。笑
今回は前日のレイ作りから当日の髪のセット、花飾りやレイをつけるまで、そのすべてを生徒さんと一緒に準備しました。
新しいスタイルになって4年半、途中コロナ禍でステージから遠ざかること2年半。
まだまだ慣れないなか、みんな本当によく頑張ったね。
助け合い、勇気を出して様々なことにトライしてくれたこと、とても心強く頼もしかったです。
私のヘルプもありがとう、トラブルの後始末もね。
本来ならば2月に行われるはずだったこのフェスティバル。
開催に至るまでの事務局の皆様の心の不安や葛藤、苦労、忍耐は想像に余りあることでしょう。
そんなことは微塵もださずに、当日は暖かく迎え入れてくださり、安全な運営に尽力されたこと、心の底から感謝致します。

オアフ島でハラウが誕生してちょうど20年目の同じ月にこのような素晴らしいステージに立てたこと、感無量です。
参加できなかった2人の生徒さん、何度も繰り返される練習に根気よく付き合ってくれました。
ありがとう。
2人のクムはきっときっとみんなを誇りに思っていることでしょう。
私も同感です♡

ALOHA NŌ♡

Kumu Hula Liki Tavete 率いる Hālau Nā Pua Mai Ka Lani Iāpana 東京校のブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000