カメハメハ・デイ

6月11日はカメハメハ・デイ。
ハワイ王国を統一したカメハメハ1世を偲び、その偉業を讃えるため、大王の孫にあたるカメハメハ5世によって制定されたハワイ州の祝日です。

6月は州内各地で祝賀パレードや大王像にレイをかけるレイ・ドレーピング・セレモニーなどが盛大に行われていましたが、今年は中止となりました。
1872年から毎年開催されている行事。
今年は148回目にあたります。
残念ですが、来年の開催を楽しみに。

ALOHA NŌ

Hālau Nā Pua Mai Ka Lani Iāpana 東京校のブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000