季節の花

Stay Home時間、皆さんは工夫を凝らして楽しんでいますか?
それとも疲れてきたでしょうか?

都内の新規感染者数が減少傾向にあるのはニュース等で伝えられているとおりですが、週末の繁華街の人出が多くなってきたのも事実。
「ここで気を緩めず!」と政府や都知事、専門家の方々が鋭く釘を刺しているように、もう少し辛抱して一緒に乗り換えましょう。

部屋に飾るお花が日々の癒しとなっています。
旬を迎えた芍薬。

こんなにも芳しい花だとは知りませんでした。
部屋の隅に活けていても、風向きによってふと香る。
フランスではしなやかで爽やかな香りのするワインを「芍薬のような」、と表現することもあるそうです。

蕾はピンポン球くらいでしょうか。
その姿からは想像もできない程にふくよかに花開きます。
古くから日本人にも親しまれ、美人を形容する言葉にこんな慣用句もあります。
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

美しい女性を花に例える慣習、日本にも根づいていたんですね。

ALOHA NŌ

Hālau Nā Pua Mai Ka Lani Iāpana 東京校のブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000